私が同担を拒否する理由

それは「濵田崇裕」というアイドルを愛しているから。

それは「濵田崇裕」というひとりの男性に恋をしているから。











私の目に映る彼が100%の偶像だなんて誰が決めたの?

どこまでが皮で、どこからが生身だなんて誰が分かるの?

私にも貴女にも分からないでしょ。



私の中にある彼の像は私だけのもの。

長い年月をかけて積み上げてきたもの。

誰にも触らせやしない、崩させやしない。

私の中だけで完結させる世界。

だからだれも要らないの、ごめんね。




「最強の10人」と呼ばれた男達

昔むかし関西の地にBBVと呼ばれた男達がいた。

ほとんどの人々は彼等を讃え、当の本人達も自らを信じ互いを信じ10人でてっぺんを獲ると誓った。


ほとんどの人々、は。










前年の2009年からその予兆はあった。

初めてお芝居としての松竹座という舞台を受け継いだ夏、メインキャストとされたのがこの10人だった。

この舞台のテーマソングとして生まれたのが「BIG GAME」である。

この曲がそれから約2年間の10人+7WEST(+その他)という構図が出来る大きなきっかけとなった。

しかし、同年の冬は前年と同じようにユニット別でコンサートが行われ10人という体制がそれほど強調されることは無かったように思う。10人で太鼓を披露することはあったけれど、そのくらいだ。


本格的にBBVと呼ばれ始めたのは、2010年の冬からである。

BBVは公式の呼び名だ。

冬の松竹座の日程が発表され、そこで初めて彼等はBBV(正確な表記はB.B.V.)と称された。


私はパソコン画面に映し出された表を見つめながらひとつのことだけを考えていた、




「BOYSはどうなるの」




ふたりになってふたりだけでやっていくことに薄々限界を感じていたものの、それでも「ふたり」が好きだった。ただふたりで、ふたりだけの世界で楽しくやってくれればそれで良かった。

ヲタクのエゴでしかないのは百も承知で、もう少しの間だけ生温い楽園で遊んでいたかった。


次に、3ユニットが合わさることでBOYS(そして濱田)が得られるメリットと発生するデメリットを天秤にかけた、半分半分だ。

序列が上の者たちと組むことは、じわじわと下げられつつあった自ユニにとってチャンスでもあったが、下の者たちと組むことは自分たちまでその位置まで落ちてしまう危険性があった。
それに、10人が10人全員同じ温度でアイドルという仕事への情熱を燃やしているようには見えなかったから。


最低かな。ごめんなさいね口が悪くて、でもこれが当時の私の本音。
ひとりひとりは好きだったけれど、それは別の括りだったから私には関係が無かったからよ。

だって自担にはデビューして欲しかったから、自ユニにはデビューして欲しかったから。どんな形になったとしてもデビューして欲しかったから。


「ふたりで」とは言わないから、ふたり一緒にデビューして欲しかった。
相方だからじゃない、一人のアイドルとして好きだった。
グッズだって同じだけあるよ、捨てられなくて残したまま。良い終わり方じゃなくても私にとっては大切な思い出だから。かけがえのないものだから。これだけは誰にも汚させない。








複雑な想いを抱きながら書き込んだ振込用紙、結果、悪魔のような倍率の中で2公演分のチケットを手に入れることが出来た。

優馬がゲスト出演した公演と10人だけの公演それぞれ一公演ずつだ。



ステージに立つB.A.D.はやっぱり華があって、それは10人で並ぶと余計に際立った。悔しかった。

そして、やはり数人のメンバーからは温度差が感じられ苛立つこともあった。

そんな複雑な想いを抱えているこちら側に比べ楽しそうにはしゃぐ自担を見ているのは複雑だった。

それでいいのか、こんな場所で満足するのか。ここにいても一番にはなれないし何処にも行けないのに。

まるで竜宮城だと思った、このままでは自担はこの場所で歳だけとってしまうと。




すぐ後に崩壊した城跡を見ながら、私は少し泣いて少しほっとした。

三十路少年

ついに三十路、やっと三十路。

…やっぱり、「ついに」。



最初の担当も貴方、最初に触れたジャニーズも貴方、最初で最後の担降りも貴方から。

後ろで踊る自担を見つけるまで罠にかかるまでの一年間、それだけが「一途」に好きだった時間。

それでも今でも特別な人、大倉忠義



アイドルとしてとても好きだ、アイドルとして生きるその覚悟姿勢誇りが好きだ。

いつまでも大口開けて手を叩いて笑っていてくれ。

お尻は大きい方がいい、二の腕はむちむちしている方がいい。小顔のくせにぷっくぷくなほっぺたがたまらなく愛おしい。

OLでスイーツ()で酒癖悪くてヘタレでも、それでも私にとっては最高のアイドルなの。世界で一番キラキラして見えるの。

ライトに当たると琥珀色に光る色素の薄い瞳、その瞳に映る景色の一部に自分も居たことを今でも幸せに思う。



遅くなったけれど、お誕生日おめでとう。

30歳おめでとう。

愛をこめて。







センター

今回は私から見た、ひとりの濱田担から見たセンターのあの子のお話。

 
 
 
 
 
 
2008年のあけおめコンサート後のことだった。
 
皆で掲示板やブログで感想を語り合う中、「カメラJr.(※あるメインユニットに、バックJr.がカメラを向けファッションショーのように写真を撮るという演出があったのだ)中の一人の笑顔が最高に可愛い」と話題になった子が居た。
 
 
 
 
それが重岡大毅である。
 
 
 
 
当時の彼はバックJr.の中ではメインメンバー、パンフレットでも他のわらわらとは別に(他数人と)ページを貰えるくらいの立ち位置だった。
私自身、前年に放送されたカンテレ制作ドラマ「DRAMATIC-J」の中の一作で良い立ち位置の子という認識しかなかったと記憶している
 
2008年夏にHey!Say!7WESTに加入、しかし立ち位置は端、しかも同時に加入した2人が新人だったこともあり彼「だけに」スポットが当たるような機会はあまりなかったような気がする。
 
 
 
いつから真ん中にいたのか、分からない。
 
気がついたら、居た。
 
自分の力で。
 
 
2010年少年たちは実質彼が主役だったから、おそらくその辺りの時期なのだろう。私が彼を意識するようになったのも。
 
 
その意識は、けして良いものではなかった。
 
だって、自担の前に立つ人は全員が敵だったから。
 
中でも「センター」に立つ者は。
 
 
 
 
優馬が関西の真ん中に居た時代、私は彼のことを羨んでいた。妬んでいた。それが彼のせいではないと分かっていても態度で示すようなことをしていたと思う。いや、していた。
 
彼がとてもいい子だということ、その立ち位置に相応しくあろうと努力しているところ…痛いくらいに伝わっていた。けれどもそれが余計に当時の私を苛立たせた。私が100%悪いから、分かっているから余計に。その姿を見る度に、自担は真ん中に立てる人間じゃないと気付かされるから。
 
「0番」には0番に選ばれた人しか立つことが出来ない。
自担は「中心」の人だけど、「中央」の人じゃない。
好きだけど、好きだから。真ん中だけが立ち位置じゃないけれど、それでも。
 
 
何よりも悔しかったのは、あるコンサートで『悪魔な恋』の宣伝をそして「仲間」のデビューを祝福するよう客席に促す役目を任されたのが自担だったということ。何故、大人は濱田を選んだのであろう。一生許さない。
 
今ではフラットな気持ちで優馬のことを見られるようになって当時の自分を恥じ反省しているけれど、許してほしいとは思わないけれど、こちらはこちらなりに必死だったということだけは言わせて。
 
 
…話を戻そう。
 
「立たされた」センターの次は、重岡は、「たどり着いた」センター。
 
正直、はじめから、心のどこかで認めていたのだろう。
 
自分の中にある「納得」に戸惑った。
 
「嫌い」とひと言で言い切れるものがあったのなら、いっそ清々しかったのにね。
 
 どうしようもなくどこかで惹かれてしまうところがあって、だけれどそれを認めたくはなくて。
 
コレという明確な理由もなく担当以外の人物に心を揺さぶられるという奇妙な感覚が落ち着かなくて。
 
そこで私は、彼の粗を探すことで「いちゃもん」をつける理由を見つけることで自らの気持ちをコントロールすることにした。下げることでしか濱田担でいる私としてのプライド(今思えば本当にくだらないのだが当時は真剣だった)を維持出来なかったのだ。
 
それだけではない。その頃からじわじわといやもっと前からか、自ユニの序列が下げられてきたと感じることが増えて濱田担としてだけではなくBOYS担として焦りが出てきてそれらすべてをひっくるめて一番分かりやすい標的にぶつけることにした。
 
表だって何かをするわけではなかったが、自らの奥底にある「納得」を否定し続けることでギリギリのところで彼を認めないことで自分を自分の大切なものを守ろうとした。
 
 
 
 
 
 
 
そして2014年冬、自担と「センター」のままの重岡がデビューした。
 
同年の春におこなわれたデビュー記念公演「なにわともあれほんまにありがとう」、その松竹座公演初日に私はある顔を目撃することになる。
 
 
終盤のバンバン!!での出来事だった。4:3に分かれ交代で着替えながら客席を煽るメンバー達、始めに濱田藤井神山が着替えにはけ、ステージにいるのは4人だけという状況になった。
 
「近くの他担より遠くの自担」派の私は誰を見るでもなくふらふらと視線を漂わせていた。
 
そのときである。
 
愛おしそうに客席を眺める重岡大毅を目撃してしまったのは。
 
夢を見せる側の人間のくせに夢の中に迷い込んでしまったようなふわふわした表情で。
 
ただの少年だった。そこにいたのは「アイドル」重岡大毅でも「センター」重岡大毅でもなかった。
 
戸惑った。
 
そしてその瞬間、素直に、心から、「この人が好きだ」と思った。
 
何のためらいもなく。
 
 
 
 
彼に対しての「好き」は鮮明な色を持たない。
 
これを「好き」というのかも分からない。
 
自担への分かりやすい「好き」とは全然違う。
 
けれども私は重岡大毅が好きだと思う、好きだと「認めた」。
 
この記事にオチはない。
 
何が言いたいのか言いたかったのかも分からないまま終える。
 
それでも書いてよかったと思う。
 
濱田担から見た彼のお話、きっと担当さんからはツッコミどころ満載でしょう。それでも書かずにはいられなかった。だから書いた。それだけ。
 
 
 
 
 
 
 
 

「皆さんの為に全力を尽くし生きていくことを誓います」

 

濱田の震える唇から絞り出された愛の言葉に、今も私は縛りつけられている。

 

 

 

 

 

 

2013年冬に大阪松竹座でおこなわれた関西Jr.クリスマスパーティーG公演(濱田神山藤井メイン公演)のオーラスでの出来事だ。

ゲームコーナーの敗者である彼に科せられた罰ゲームは、自分のファンへの愛のメッセージだった。(今思えば罰は酷いな、罰とはw)

 

ゲスト含む仲間たちに冷やかされながら0番に座りこんだ彼は、いつものように照れ笑いを浮かべながら話し始めるのかと思いきや、今まで見たこともないような怖いくらいに真剣な顔で口を開いた。

 

最初に聞いたのは謝罪の言葉だった。

 

心配をかけたこと、迷惑をかけたこと…その両方が彼のせいではないにしろ。彼が伝えたかったことは「ごめんね」だった。

 

その後は入所してから今までのことをつらつらとけして上手ではないけれど誠実に言葉をつむぐ姿をただただ見つめることしか出来なかった。客席だけでなく、ステージにいた仲間たちでさえも。

 

濱田と濱田担の為だけの時間が終わり、水を打ったように静まりかえった松竹座。

誰か(確か淳太)の「泣いてるん?」という言葉を聞いてはじめて私は彼が涙を流していることに気が付いた。

 

「泣いてない!!!!」

 

そう叫び強がる彼の背中が子どものように小さく見えた。

 

 

濱田は泣かない。

 

どんなときも笑ってた。

 

だからこっちも笑うしかなかった。

 

なのに最後の最後で、Jr.として誕生日を迎える(た)最後に、涙を流した。それも自分のファンの為に。

 

 

「皆さんの為に全力を尽くし生きていくことを誓います」

 

冒頭の言葉で締めくくられた愛のメッセージは、今までのものと重みが違っていた。

 

簡単に「愛してる」と口にすることが出来る彼。それはあくまで「アイドル」濵田崇裕から発されるもの、だから安心できた、発信するアイドルと受信するファンの間だけで許される罪の無い遊びにしかすぎなかった。

 

それに、その言葉は自分のファンの為だけではなく関西Jr.のファン全体に向けられることがほとんどだった。

 

なのにどうして、流れる涙をぬぐいもせずに、最後の最後に、自分のファンにだけに向けた愛の言葉をくれたのか。「アイドル」濵田崇裕ではなくひとりの人間として誓いを立ててくれたのか。

 

言葉を口にする度に彼の身体から膜のようなものが剥がれ落ちるのが、私の目には確かに見えた。アイドルの膜が。

 

それは次のコーナーに移ると同時に、再び新しいものが彼にまとわりついて再び「アイドル」濵田崇裕が姿を現した。

 

 

 

ほんのわずかな時間だったけれども、確かにあの瞬間、私はひとりの人間としての濵田崇裕を目撃した。

何年何十年と時が経とうが遠い将来に彼の担当を降りるときが来ようが、2013年12月20日にある成人男性から貰ったひと足早いクリスマスプレゼント、いやプロポーズを私は一生忘れない。 




(※濱田の言葉は一字一句正しく残せているわけではありません、悪しからず。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13月

濱田の担当になって今年の夏で丸9年になる。

 
ただ、私はその中の約2年の期間、2011年少年たちから2013年全国ツアーの間まで、濱田の現場(関西の現場)を見ていない。
 
看守長も黒影もこの目では観ていない。
 
何故か。理由はただひとつ、濱田と向き合う為に離れたのだ。濱田のことは変わらずに好きだった、今も昔も彼が最後の担当だと最後の人に出逢えたという気持ちに変わりはない。
 
BOYSを失って、隣を失って、心がポッキリと折れる音が確かに聞こえた。
 
その心のままで濱田と向き合うことは、当時の私には出来なかった。
 
そこで、濱田の反対側にある空間に目をやらなくなるときまで離れることにした。
 

 
 




関西担のレポを茶の間という立場で追いながら現場での立ち位置や選抜仕事に一喜一憂し続けた2年間、同時に、私はあるグループとその中のひとりの少年を追いかけて生きていた。
 
 
Sexy Zone菊池風磨である。
 
 
 
きっかけは梅田芸術劇場での1stコンサートだった。
 
「暇だから」「梅芸だから」
 
そんな理由を並べてふらりと足を運んだその場所はとんでもない罠だった。
 
多少荒削りではあるがそれを凌駕する華が、5本の薔薇がしっかりと根を張っていた。指でつつけばポキンと音をたてて折れてしまいそうなほど繊細で未完成な身体を振り回して、ヲタクを捕えにきていた。
 
終演後、ぼうっとなった頭を抱えてふらふらと駅へと向かったのを今でも覚えている。
そしてそのまま、熱に浮かされたまま次のコンサートの申込みをした。

誰が見たいだとか好きだとか無く、ただただSexy Zoneの夢(悪夢)の中に行きたかった。
 
 
そして、春めく大阪城ホールで、菊池風磨という幻想への扉を開いた。
 
ふまけんコーナーでのこと、欲望のレインのイントロが流れ大スクリーンに映されたある一瞬の表情に私は釘付けになった。
真っ黒なガラス玉をはめ込んだような瞳を伏せて自傷気味に笑う、表面は冷たいのにその内部はどろりとした熱を秘めている男の子のかたちをした夢に。

世界で一番綺麗な男の子を見つけてしまった。
 
縋りたかったわけじゃない、代わりにしようとしたわけじゃない、ただ、「今」彼を見たいと思った。
後出しのようになってしまうけれど、元々長く続くものだとは思ってはいなかった。だってどうしようもなく私は濱田担だったから。それでも、今この瞬間だけ、自分の中で何かしらの区切りがつくそのときまで、菊池風磨を焼きつけていたかった。
 
 
 
サマリー、ジャニワ、と季節を駆け抜けカレンダーが2013年の始まりを告げた頃、大阪城ホールで私は久しぶりに彼と再会した。

濱田と。

彼は他メン数人と後日同会場で行われる毎年恒例(大人の事情で乗っ取られ変更された年も含め)関西Jr.あけおめコンサートの宣伝に来たのだ。
 
とっさに団扇の文字部分を手で覆った自分がいた、彼からは見えるわけないのに。
 
どうしようもない「好き」を突きつけられた。どうしようもなく私は濱田担だった。




月日は流れ同年の3月から始まったツアーオーラスが、私にとって最後の「菊池担」としての公演となった。

決めていたわけでも冷めたわけでもない、それは「区切り」だった。


最後に披露されたデビュー曲でのこと、センターステージに寝転び歌詞に合わせ空に手を伸ばす彼の姿を見た瞬間、私の中で「菊池風磨」という少年の最後のピースがぴたりと収まったのだ。

それはすごく綺麗な景色だった、その瞬間、世界の中心は確かに彼のものだった。

眩しかった。

あんなにも綺麗な男の子を私は後にも先にも知らないし知ることはないであろう。

幸せだった、ずっと。




これが私の菊池担として生きた短く長い日々の走り書き。

誤解のないように一応言っておきたいのは、風磨ちゃんに魅力を感じなくなったわけではないということ。彼はこれからもどんどん素晴らしくなると心から思っているということを。

少年収で久しぶりにその姿を見て、ステージに立つべき者だとあらためて感じた。どうしようもなく引き込まれてしまう力がある、と。





担当と呼べる程のジャニーズは今までで3人いるその中で、菊池風磨という夢を貪っていた時間が一番美しかったと断言出来る。

あの期間に名前をつけるとするならば、まさに私にとっての「13月」だったのであろう。


ごめんね青春②

今回は大好きなふたりへの「ごめんね」

 

 

二人になったBOYSの「売り」って何だろう、当時はずっと考えていた。ふたりでデビュー出来るなんて甘っちょろい考えがあったわけではないけれど、同じ未来にふたりが居てほしいと願っていた。

二人になったことでもうひとつの二人組と比べるようになった。

背中を預けられるのがB.A.D.なら、腹を見せ合えるのがBOYSだったのかな。

 

 

当時の(濱田担の私からは)B.A.D.とB.A.D.担はお互い(の担当)を「仕事相手としては最高のパートナー」と、認め合いながらもある意味では割り切っていたように見えていた。

今よりもB.A.D.萌え!ワチャワチャ萌え!みたいな人は少なかったように思う。

BOYSは私の例を。相方といる自担が好きで何なら濱田より濱大が好き(笑)だった、濱大の濱が好きでほぼ同じ温度で大が好きだった。

本人達も二人でいることを大事に、二人でいることを最大の武器にしていたように見えた。

ふたりの溶け合うようなハモリ、力強いダンス、正反対のタイプなのに双子の兄弟のように同じ表情で笑う顔...

 

大好き、今でも。

 

最初で最後のシンメよ。

 

 

私が二人のBOYSに意味を見出し(せ)たのは、「さよなら~二人の空~」が披露された2009年のBOYSコンだった。

ふたりのハモリを生かした曲なら夢色クロニクルが既にあったし、今でも一番のBOYS楽曲といえば夢色を選ぶ。

けれども、あの曲は二人のBOYSを表していたし二人体制だから歌えたふたりにしか歌えないものだったから。

恋の歌とも友情の歌ともつかない、二人の実体験を元にした歌詞、それは互いの思い出を共有する作業のようで。それは互いの秘めたる柔らかな部分を見せ合うようで。

まさに腹(のように柔らかい部分)を見せ合えるところ、それが彼等の強みだ、二人のBOYSの色だとそのとき確信出来た。

皮肉にもそれは後にふたりの状況と重なるものとなってしまったけれど。

 

 

2009年夏の舞台からメインメンバー内でいわゆる兄組弟組の分かれ方が顕著になってきた。兄組担弟組担なんて言われ方もしたけれど、私は兄組(BBV)と括られるのが好きではなかった。私が好きなのは真ん中のBだけだったからと。ふたりがふたりだけでいられれば他に何もいらなかった。

BOYSが失くなるまで、当時の私は相方といる濱田以外の組合せに何の興味も抱きはしなかった。

同期だろうが親友だろうが、興味は無かった。兄組と呼ばれた人達の中でも明らかな温度差があるのも気に入らなかった。自担の足枷だと感じていた。

そのくせに、BOYS内で少しずつ濱田に傾きだした小さなけれども確かな優勢の空気にニンマリしていた。

 

まずひとつめは2010年の冬、BBVでコンサートが決まって、その中でシャッフルユニットがあって、桐山濱田浜中の三人でMonsterを披露した。

 

選ばれたと感じた。

 

BBVでBの中から選ぶなら桐、Vの中から選ぶなら浜は順当な流れで、今までならだいたいの場合二つ目のBからは大が選ばれることが多かった。BOYSの場合はあまりはっきりしないことも多かったけれど、クレジットの順番や舞台などの立ち位置は大>濱がほとんどだった。

正直、嬉しかった。弟組の勢いに焦りを感じていた中での小さな勝利は私を気持ちよくさせた。

 

二つ目は、東西歌合戦。

当時の関西Jr.全体からたったの5人選抜の中に兄組からは桐山と並んで濱田がいた。ここでも、相方ではなく濱田が選ばれた。

ひとりでも大丈夫なのではないかと、そんな考えが芽生えていった。

実際(この時期かは不明だが)、本人もひとりでもイケるのではと後の一万字インタビューで語っている。

 

 

そんな気持ちを抱えたまま、あけおめに行き、アンコールで彼等から全国ツアーの発表を聞いた。

泣き崩れる者、ハイタッチをして喜び合う者達、ガッツポーズをする者...

鼻を啜る音や拍手の鳴り響く客席の中で、静かに流した涙の味は今でも忘れられない。

後に「全国」ツアーではなく「西日本」ツアーだと知らされても、彼等にとって大きな一歩であったことには変わりない。

 

 

記念すべき一発目の地は、広島。BOYSが存在した最後の地。

もっと楽しめば良かった、たとえあけおめと同じセットリストだろうと。

Jr.と担当に約束された「今度」なんてないのに。

 

次のツアー会場に、BOYSは無かった。

その後もずっと。

 

信じられなくて信じたくなくて、その後のチケットは譲りに出してしまった。

 

 

 

次に濱田を見たときには、彼は本当にひとりだった。

これは悪い夢だと何度自らに暗示をかけようとしたか分からない。けれども、冷えきった城ホールの空気がそれを許してはくれなかった。

まさにどういう顔をすればいいか分からない私に笑いかけ手を振り返した彼を今でも忘れることが出来ない。

泣き顔と笑い顔はよく似ているのだと、そのとき知った。

 

 

 

 

それ以降約2年間、関西の現場へ行かなくなった。

濱田担を降りたわけではない。

「ふたり」を失ったことを、現実を受け入れることが出来るようになるまで茶の間でいることにした。濱田だけをもう一度まっすぐに見つめる為に。

その間に彼もいなくなってしまうとは考えたことは無かった。絶対にデビューしてくれる人、するべき人だからと。

根拠のない自信は、好きだからという単純な理由。

約2年かかった。その間、ある一人の男の子を追いかけていた話はまたの機会に。

 

 

 

 

 

 

ごめんね。

もっとBOYSだけを見つめてBOYSだけの良い部分だけを信じてあげれば良かった。あえての「あげれば良かった」、悪いところね悲劇のヒロインぶる癖は。


だいたいごめんねなんて言う資格すらないわ、ヲタクには(笑)


私が謝りたいだけ、ただごめんねと言わせて。


自分を楽にしてあげる為のごめんね。

全力でBOYSを生きた当時の彼等へのごめんね。

今現在もそれだけが心残りな自分へのごめんね。



自分のテリトリーで書きなぐるくらいは許してよ。