読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供部屋

大切な人たちのこと

リメイク

今回はほぼ自分語り記事である。




昔から、お姫様願望の強い子供だった。変身願望の強い子供だった。

セーラームーンごっこではヴィーナスを強奪するタイプだった。

幼稚園のお遊戯会では率先してお姫様役をやりたがって、年長さんのときはかぐや姫を演じた。

婚約者候補のイケメン達(見事に全員が園内でモテていた男の子達ばかりだった)に役の上とはいえチヤホヤされるのは気持ちが良かったし、何よりも衣装合わせでもう一人のかぐや姫役の女の子と別室に呼ばれ先生に何重もの着物を着せてもらったときの高揚感は今でも忘れられない。

お遊戯会から少しして、放課後を利用して幼稚園の一室でクラシックバレエ教室が開かれることになった。

運動は大の苦手で大嫌いだった癖に母親に頼み込んでレッスンを受けさせてもらったのは、レオタードが着たいという不純な理由。

今でも覚えてる。様々な色形のレオタードが並ぶカタログの中から、大人びたローズピンク色を選んだときのこと、背伸びしたくて仕方のなかった小さな私。

きっかけはアレだったけれど、小学校へと上がってからも今度は地元の教室に通い、小学4年生まで習い続けた。

多くはないお小遣いを握り締め100円ショップへと足を運び、匂い付きのグロスやマニキュアなどをちょこちょこ集めるようになったのも、友達同士で漫画を回し読みするようになったのもちょうど中学年の頃。

微かに色づく唇やどぎつい色に染まる爪を見るだけで心はウキウキした。

りぼんなかよしちゃお...中でも私が特に好きだったのは平凡な女の子がふとしたきっかけでモデルになったりメイクの力できらきらとした別人に変身したりするような話だった。

恥ずかしい話だけれど、私も彼女たちと同じ「選ばれるべき」特別な女の子だと思っていたのだ。自分自身と重ね合わせて読んでいた。いつか「そう」なれると信じて。


小学生まではいわゆる中心的存在の女の子たちと居るような子供だった私、中学校へ上がってからは他小学校から来た「イケてる」子たちを前に萎縮するようになっていった。
通っていた小学校にも可愛い子はもちろん居たけれど、持ち物や見た目その全てのレベルが違っていた。

小学校のときとは違い、中学校からは露骨に「カースト」が出来ていった。私はいつも最下層だった。

このようにいくつかのカルチャーショックが重なり、私は平凡どころかそれ以下なのだとようやく自覚した。

ヴィーナスにもかぐや姫にもなれないことをようやく知った。


それからは伸ばしていた髪をばっさり切り、見た目に構わなくなり身体もどんどん横に広がっていった。肌荒れも人一倍酷かった。当時は自分のことが大嫌いだった。そうして小さい頃から抱いていた願望を愚かなものだと無理矢理封印した。


そんな私を変えてくれたのは次の次の進路、大学だ。大学入学というイベントがきっかけだった。

第一志望合格後、受験ストレスからの解放でみるみるうちに痩せていき、肌も落ち着き、私はようやく「普通」の女の子になることが出来た。

もう一度、お姫様になることを願うことを許された気がした。

嬉しくなった私は有り余った時間でメイクやお洒落を勉強した。
進学先がいわゆる「お嬢様」学校だったのもあって、自分もそれに相応しくならなければという思いがよりそれを加速させた。
つけまつげで目をぱっちりさせアイシャドウをきらきら光らせグロスでちゅるんとしたリップを作る、そうして覗きこんだ鏡の中には別人がいた。

「可愛い」と思った。世間から見たらけして「可愛い」とはほど遠くても、あの日憧れたプリンセス達に近づけたような気がして嬉しかった。

それからは試行錯誤を繰り返し、過剰でもなく地味すぎずバランスのとれた今のメイクへとたどり着いた。

自分で言うのも何だけど、なかなか上手だ。お裁縫をさせれば縫い針で何度も指を刺してしまうくらいに不器用なくせに化粧の腕だけはやたら褒められる(笑)




今は流石に自分が「皆の」お姫様になれるような器ではないことくらい分かってる。けれど、下卑したりもしない。私は私でそう悪くはないと思っている。「私の為の」お姫様にはなれる。けして美人でも特別可愛くもない自分のこと、私は嫌いじゃない。

面白いのは、ちょうど思春期と呼ばれる時期に出逢った2人のアイドル、元担と現担の両方がいわゆる「王子様」キャラとは違う種類の人だということ。

元担はアイドルをやりたくてアイドルになった人だし現担は現担で昔は今よりも分かりやすく「かっこつけ」だったしごく少数の人数によりちやほやされていた関西という村の中ではトップ人気だったこともある、2人ともポジションだけでいえばそう言えなくもないけれどいわゆる手越中島ラインのような「王子様キャラクター」に嵌まることは無かった。

どうやら私には王子様はいらないらしい。

自分の中だけで完結させようとするスタンスは対アイドルの姿勢もだ。

私はいつまでも自分だけの世界で自分だけに都合の良い王国を創りあげていく。