2017年上半期

1月

関ジャニ'sエンターテインメント  京セラドーム大阪

自担が無事でいてくれて何より。

 

 

2月

破門舞台挨拶  神戸国際松竹

この舞台挨拶では佐々木蔵之介さん、監督、松竹スタッフさんの三名が登壇。終演後、蔵之介さんの直筆サイン入りデジチケを手渡していただけるサプライズが。蔵之介さんは以前にも舞台で二度拝見したことはあれど、あんなにも近距離はなく…もう素敵だった、握手したときの手が温かかった、色っぽかった。翌日、鏡を見ると肌荒れが驚くほどに改善されていた。ときめきの力は凄い。

 

If or...Ⅸ  サンケイホールブリーゼ

信ちゃんが好きなことを好きなようにやってくれること、それを見られるのが幸せ。

 

 

6月

夢色キャストドリームファンミーティング  Zepp 大阪ベイサイド

恋するミュージカルリズムゲームこと、スマホゲームアプリ「夢色キャスト」のキャスト陣との集い。メインキャスト7名の内、大阪には4名(逢坂良太さん、上村祐翔君、畠中祐君、林勇さん)が集結。

序盤は良い意味でグダグダわちゃわちゃしていた(猛獣使い逢坂さん、お疲れ様でした)くせに、ゲーム内のミュージカルシナリオを主軸とした描き下ろし脚本の朗読劇では一転、プロの仕事をしっかりと見せつけてくれた。

ミュージカルという設定上、表現されるのは「ミュージカルの役を演じているキャラクター」という二重構造だ。その場は一瞬にしてミュージカル劇場に変わり、目の前に女の生き血を吸うヴァンパイアを演じるキャラクター達が存在していることを確かに感じさせられた。

台本の持ち方や立ち方、さらにストーリー終盤の生き血を啜るシーン(上村君のみ役の設定上無し)では勿論自分の口を使って音を出すのだけれども、その方法も人によってそれぞれで興味深かった、そして何よりもエr…セクシーだった。(合掌)

 

上を下へのジレッタ  森ノ宮ピロティ―ホール

門前市郎は実在した。

 

KING OF PRISM PRIDE the HERO舞台挨拶×2  TOHOシネマズなんば

監督、八代拓君、畠中祐君登壇。監督への声援が一番大きい(安定)。

イケメンにしか許されないパジャマのような服で登場する八代君と中学生みたいな恰好の畠中君(可愛い)がイチャイチャ営業してくれるのを有難く拝む。

夢キャスのときもこの舞台挨拶でも緑(自分の演じているキャラクターカラー)の腕時計をしていた畠中君(可愛い)。

KING OF PRISM PRIDE the HEROを観てください。

KING OF PRISM PRIDE the HEROを観てください。(大事なことなので)

 

俺節  オリックス劇場

コウジの演歌が恋しい

 

 

 

 

上半期は以上、数は少ないけれども質のいいものばかりであったという印象。

蜘蛛女のキスは夏ツアーを優先し、諦めることに。自担が観たいというよりは、舞台の内容が好みだったため、とても残念だが。

 

下半期は京セラドームから始まる、いい夏が過ごせそうだ。

 

広告を非表示にする