子供部屋

硝子のシューズは痛いだけ

畠中祐「STAND UP」発売記念イベント トーク&お渡し会

若手声優・畠中祐君のイベントへ軽率に行ってきてしまったお話

 

そもそものきっかけは、昨年上映されていたKING OF PRISM by PrettyRhythmというアニメ映画である。

 

アニメは幼稚園児の頃にセーラームーンを見てごっこ遊びをしたりキューティーハニーに憧れたりした程度の知識しかなく、唯一やり込んだゲームはときめきメモリアルGS3くらいのもので、物心がついたときから私はずっとジャニヲタだった。

 

しかし当時のTwitter流れる「キンプリはいいぞ」「キンプリを見てください」という何の説明にもなっていない映画の感想が興味を引き、私は面白半分でチケットを取り映画館へと向かった。

 

内容は想像していた以上に理解するのが困難なものであったが、確かに面白かった。

 

十王院カケル君という推しも出来た。

 

そして、十王院カケル君とコンビのようなポジションのキャラクター、香賀美タイガ君の声が好きかもしれないとぼんやりと感じていた。

 

上手い下手の区別は私にはつかないが、まっすぐで純粋な「男の子」な声が耳に残っていた。

それが、私が畠中祐を知ったきっかけである。

 

その後、何気なくDLしたゲームアプリ「夢色キャスト」にも、偶然、畠中祐はいた。

 

その中での私の推しキャラは橘蒼星君、またもや彼が声をつけているキャラクターでは無かったのだが、アプリ内で披露される歌声や彼のキャラクターを通じて伝わる熱意に少しずつ惹かれていくのを感じていた。

 

そして、昨年10月のKING OF PRISM by PrettyRhythmの候補生達(映画内ではいわゆるJr.のような立ち位置)キャストによるトーク&ハイタッチ会、今年6月の夢色キャストファンミーティングやキンプラ(KING OF PRISM by PrettyRhythmの続編映画)の舞台挨拶などのイベントを通して彼のまっすぐさ、キャラクターへと向き合う姿勢、トーク技術は自他ともに認めるぽんこつっぷりでも一生懸命に伝えようとする熱意、また、Twitterなどを通じて知る可愛いエピソード(個人的にキュンとしたのはお弁当屋さんかどこかでおばちゃんがから揚げをおまけしてくれたことをとても嬉しそうに呟いていたこと)に何とも言えない愛しさが広がっていった。

 

7月に個人名義でCDを出すことは知っていたから、記念に一枚購入しようと考えていたタイミングに、今回のリリースイベントが告知された。私はすぐさま自宅から一番近くのアニメイトへ向かいCDを予約し参加券を手に入れた。

 

そしてレターセットを選んだり曲を聴き込んで感想を綴ったり、自担のコンサートのときよりも気合を入れて服を選んだりしながら当日をむかえた。

 

 

それが今日の話である。

 

開店前のアニメイト日本橋店に並び、中で入場順の抽選を引き手紙を預け、待機するまでは良かったのだが、待機場所が空調の一切ない非常階段だったのはいくらジャニヲタ活動で過酷な状況下に放り込まれる事態に慣れている私ですらなかなかしんどいものであった。20分程度の待ち時間内に制汗シートとあぶらとり紙を何枚も消費した。

 

開始30分前に開場。パイプ椅子に座り、アニメイトのロゴが敷き詰められたセットを見ながらソ●フマップみたいだと低レベルな感想を抱いたり、注意事項を聞いたりしていると、突然、バンギャ風の女性が登壇。

どうやら彼女はランティス(レーベル)のプロデューサーさんらしく今回の司会も担当されるとのことだった。彼女はそのままマシンガントークを繰り出し、緊張している私達を笑わせてくれた。つーこさんみたいな人か、と、納得した。ランティスのつーこ。

 

そしてつーこさん(違う)の合図で「祐君!」と皆で呼びかけて畠中君が登壇。

 

彼は、ちゃんと客席ひとりひとりと目を合わせながら、曲についてだったりデビューまでの経緯だったりをときに(頻繁に)突っ込まれながらも丁寧に明るく語ってくれた。

 

中でも印象的だったのは、落ち込んだ時はなかなか立ち直れないけれどもその悔しさだったりの感情をバネにするように心がけている(ニュアンス)といった言葉だ。

 

彼が表で見せてくれるまっすぐさ純粋さは、ときに彼が自身の中に生まれたマイナスの感情だったり綺麗でないものを消化して昇華して出来たものなのだろう。

 

綺麗なだけではない、強さをその言葉から感じ取った。

 

 

そしてお渡し会へ、

 

 

……ツイートから察してほしい。

 

ジャニヲタは接近戦には慣れていない。

 

「私今26なんですけど(何で言ってしまったのか自分でも分からない)、声優さんのCD買ったの初めてで」

「大好きです/////(年下の男の子に何言ってんだいや良いのか)」

「夢キャスとキンプリのライブ行きます(夢キャスはランティスだから良いとしてキンプリは言ってよかったのか、いや一応トーク中にも何きっかけで知ったのかアンケートとってたから良いのかな)」

 

これらの言葉を言いながら頭の中で()のセルフツッコミをしながら合図されるより先に逃げるようにして去ってしまったという後悔ばかりの結果となってしまった。

 

音量もいざとなったら蚊の鳴くような声しか出ずに、きっと聞き取るのも大変だったろうし内容も何言ってんだこいつと思われても仕方がないものだったろうに、目線を合わせてひとつひとつに言葉を返してくれた。

 

キンプリのイベントでハイタッチ済みだし、近くで彼を見るのが初めてだというわけでもないのにとても緊張した。

 

今までは、可愛いと思って見ていた。先輩に弄られる姿やトークがときどき迷子になるところも色々と。

 

けれども、今日あらためて正面から見てメッセージ入りのブロマイドを手渡してもらって、視線を合わせてくれる身長差だったり大きい手だったり、ちゃんと男の人なのだとときめいてしまった。

 

 

 

 

 

二足のわらじを履く勇気や体力は無い。

声優さんのイベントは基本的には関東のイメージで関西住みの私は距離に躊躇する。もう、大和三銃士の月のように週1で東京に通うようなことは金銭的にも体力的にも気力としても難しい。ヲタクは楽しいけれど、プラスの面だけで出来ることではないということを知っているから。

対ファンとの距離は近くて公式に貢げる(プレゼントを贈ることが出来る)状況に、ハマるのは正直怖い。セーブ出来ない自信がある。

興味のない作品のイベントに「彼が出てるから」と参加することは、正直自分のスタンスには合わない。そういう人を否定はしないし、それぞれで良いとも思う。

 

他にもまだ実際に本人にお会いしていない人ですごく好きな声(そして顔もドストライク)の声優さんが居るのもあって、この世界にハマると、二足では済まなくなると容易に想像が出来る。

 

だから、彼のことは自分のペースで無理なく応援出来たらいいと思う。

今日のトークの内容的に、セカンドシングルやファーストアルバムも企画が動いているのだろうという雰囲気がある為、気に入れば貢献出来たらと思う。

 

 

 

 

 

 

 

支配からの卒業

次にエイトに会うのは、明日の京セラドーム公演だと思っていた。

 

まさかジャニ勉の番協に当選するなんて思ってもみなかった。

 

それなりに長い間ジャニヲタとして生きてはいるものの番協に参加したのは過去3回しかなく、それも少クラ収録やあほすきライブ収録というほとんどコンサートのようなものばかりで、実質、初めてと言ってもいいようなものだった。

 

勿論、収録内容をバラすのはNGとされているのでここで書くことはない。今回の記事で言いたいことはまったく個人的な自己満足の吐き出しだ。

 

 

 

 

 

 

収録で、久しぶりに自担を間近で観て、ただただシンプルにこの人が好きだと思えた。

 

それで、それだけで良いのだと素直に思えるようになった。

 

彼のことを担当だと言ってもいいのだと。ずっと担当だと言ってもいいのだと。

 

 

 

 

 

 

大倉忠義というアイドルを好きになってから、今年で12年になる。その間、ライブこそ毎年欠かさずに行っていたとはいえ、常に彼を一番に置いていたかと言われれば、首を縦に振ることはできない。

 

しかし、私にとって一番に置くということは、一番好きな人だというわけではない。

 

「今」一番見たい人、優先して応援したい人というのが一番近いのかもしれない。

 

私という人間の持つ「好き」はひとつで、タイミングによって、ときどきでその割合が変わるものなのだ。

 

大倉忠義というアイドルはその割合の変動こそあれど、ずっと私の中に存在していた。存在し続けてくれていた。それを担当と呼ばずして何と言う。

 

過去の発言や感情考えまで遡ったら矛盾だらけの発言であろう。昔の私にとっては担当という言葉はもっと重い意味を持っていた。勝手にその定義を自分でつくって縛られて勝手に満足しながらもどこかで縛られて苦しかった。

 

 

 

ジャニ勉の収録中、何か特別な出来事があったわけではない。いつも通り、大声で手を叩いて笑う彼が居ただけだ。

 

けれども、その姿を見てあらためて貴方が好きだと思えた。何気ない仕や言動ひとつとっても、いい意味でずっと変わらないところが好きだと、ずっと見ていたからこその感情で納得できた。

 

「変わらない」というのは比較できる年月が私の中で積み重なっているからこそのものだ。確かに、私は彼との年月を重ねてきたのだ。

 

誰に何と言われようと、私はこの12年大倉担であった。自分さえそう思えればそれが正解だ。

 

長年がんじがらめにされていたつまらない自分ルールからやっと解放された。

 

 

ある意味、明日が長い年月の中で今が一番まじりっけのない純粋な状態で彼を応援できる記念すべき最初の日であるかもしれない。

 

私は、明日の私自身がとても楽しみである。

 

思い切り、楽しんでくるぞ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

2017年上半期

1月

関ジャニ'sエンターテインメント  京セラドーム大阪

自担が無事でいてくれて何より。

 

 

2月

破門舞台挨拶  神戸国際松竹

この舞台挨拶では佐々木蔵之介さん、監督、松竹スタッフさんの三名が登壇。終演後、蔵之介さんの直筆サイン入りデジチケを手渡していただけるサプライズが。蔵之介さんは以前にも舞台で二度拝見したことはあれど、あんなにも近距離はなく…もう素敵だった、握手したときの手が温かかった、色っぽかった。翌日、鏡を見ると肌荒れが驚くほどに改善されていた。ときめきの力は凄い。

 

If or...Ⅸ  サンケイホールブリーゼ

信ちゃんが好きなことを好きなようにやってくれること、それを見られるのが幸せ。

 

 

6月

夢色キャストドリームファンミーティング  Zepp 大阪ベイサイド

恋するミュージカルリズムゲームこと、スマホゲームアプリ「夢色キャスト」のキャスト陣との集い。メインキャスト7名の内、大阪には4名(逢坂良太さん、上村祐翔君、畠中祐君、林勇さん)が集結。

序盤は良い意味でグダグダわちゃわちゃしていた(猛獣使い逢坂さん、お疲れ様でした)くせに、ゲーム内のミュージカルシナリオを主軸とした描き下ろし脚本の朗読劇では一転、プロの仕事をしっかりと見せつけてくれた。

ミュージカルという設定上、表現されるのは「ミュージカルの役を演じているキャラクター」という二重構造だ。その場は一瞬にしてミュージカル劇場に変わり、目の前に女の生き血を吸うヴァンパイアを演じるキャラクター達が存在していることを確かに感じさせられた。

台本の持ち方や立ち方、さらにストーリー終盤の生き血を啜るシーン(上村君のみ役の設定上無し)では勿論自分の口を使って音を出すのだけれども、その方法も人によってそれぞれで興味深かった、そして何よりもエr…セクシーだった。(合掌)

 

上を下へのジレッタ  森ノ宮ピロティ―ホール

門前市郎は実在した。

 

KING OF PRISM PRIDE the HERO舞台挨拶×2  TOHOシネマズなんば

監督、八代拓君、畠中祐君登壇。監督への声援が一番大きい(安定)。

イケメンにしか許されないパジャマのような服で登場する八代君と中学生みたいな恰好の畠中君(可愛い)がイチャイチャ営業してくれるのを有難く拝む。

夢キャスのときもこの舞台挨拶でも緑(自分の演じているキャラクターカラー)の腕時計をしていた畠中君(可愛い)。

KING OF PRISM PRIDE the HEROを観てください。

KING OF PRISM PRIDE the HEROを観てください。(大事なことなので)

 

俺節  オリックス劇場

コウジの演歌が恋しい

 

 

 

 

上半期は以上、数は少ないけれども質のいいものばかりであったという印象。

蜘蛛女のキスは夏ツアーを優先し、諦めることに。自担が観たいというよりは、舞台の内容が好みだったため、とても残念だが。

 

下半期は京セラドームから始まる、いい夏が過ごせそうだ。

 

広告を非表示にする

俺節

29日13時30分公演

 

 

 

涙が止まらなかった。魂が揺さぶられるとは、まさにこのことだった。

 

こうじとテレサが初めて身体を重ねる場面、互いの魂が重なり合うようでとても美しかった。

 

おきなわが犬のように鳴く(泣く)場面、哀しさと失われた友への情に溢れていた。

 

お別れの直前、ステージと階段上から声に言葉にならない愛を叫び合うこうじとテレサの姿に胸が張り裂けそうになった。

 

 

とてもいい舞台だった。

 

劇中で言っていたように、私が日常に戻っても、辛いとき悲しいときどうしようもないときに、彼の歌が流れてくるのだろう。彼は確かに「歌」を歌っていた。彼の歌はいつまでも観客の中で生き続ける。

 

 

 

 

 

 

とてもいい舞台だった。

 

それだけで終わらせたかった。

 

 

 

 

 

こうじとテレサが初めて身体を重ねる場面、ふたりが性器の名称や性的なワードを口にしたり「そういった」行動をしたりする度に起きる笑い声、

 

お別れの直前にステージと階段上から声に言葉にならない愛を叫び合うこうじとテレサ、魂が直接発しているかのような音に向けられた笑い声、

 

私の席の周辺は結構な人数、それが当たり前の反応であるかのように笑っていた。

 

性器の名称を口にしたり下腹部を触ったりする「安田章大」が面白いと感じたのだろうか、今までの物語の流れを観た上でこうじとテレサが真剣に愛し合っている姿を見守っていたその上で、彼等を笑うことが出来たの?

 

お別れの場面で声にならない声をかけ合うふたり、それはただの奇声なんかではなく、魂の共鳴だった。「愛してる」や「好き」なんて言葉では表しきれない熱情を音にしてぶつけ合っていた。ドラマのように映画のように綺麗でロマンチックなラブシーンとは程遠い、人によっては醜く映るかもしれない。けれども、彼等は最後の最後まで懸命に、そしてきっと永遠に愛し合っていた。人々は、どこに笑う隙間を見つけたの?

 

感受性が豊かではない人ばかりだったのかな、と思うことにした。とても残念だった。

 

 

 

 

 

劇場を出て、駅へ向かう途中、若い女の子が外で待っていた友達らしき子に「どうだった?」と感想を尋ねられていた姿を目にした。

 

すると、

 

「めっちゃ近かった~!やばい!」

 

と、その子は答えていた。

 

 

君の大好きな担当さんは、とても素晴らしい舞台をつくりあげていたよ、立派な座長だったよ。そんな人の担当でいることを誇りに感じてもいいくらいだよ。

 

それを「めっちゃ近かった~!やばい!」

 

などという言葉で片付けてはいけないんだよ。

 

見知らぬ彼女のその後は知らない、もしかすると、きちんと舞台の感想も語っていたりするのかもしれない。

 

けれども、一番はじめに口にするのがその言葉だというのは何か違うのではないかと、勝手に思ったりしてしまったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

笑っていた人々やその女の子の目当てが座長であったとは限らない、もしかすると、他の出演者の方のファンかもしれない(視線、開演前や幕間に聞こえてくる会話や持ち物からおそらくほとんどがジャニヲタだったが)。

 

ジャニヲタだからどうせジャニーズ目当てだとかなんとか言われがちだから気を付けようと言いたいわけではない、偉そうに説教をしたいわけではない。

 

ただ、残念だったという思いを吐き出したかったのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の千穐楽が、無事に迎えられますように。無事に終わりますように。

 

素晴らしい時間をありがとう。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ジャニヲタの化粧ポーチの中身

前々から気になっていたこのテーマ、つい最近化粧ポーチを整理したばかりのこのタイミングでやってみることに。

 

 

○私(20代)

混合肌。昔は一重だったけれども大学時代につけまつ毛を付けていたらいつの間にか二重になっていた。

顔は薄い、良く言えば化粧映えするタイプ。

目が悪いのでコンタクト使用。WP重視。

 

 



f:id:tachimi:20170627122434j:image
(反転してしまったので右から)(上下逆)

○下地

RMK クリーミィ ポリッシュト ベース N 02

ふんわりと毛穴や色ムラをカバーしてくれるところ、塗った後の感覚が軽いところがお気に入り。ただ、PA値が低く、夏場は下に日焼け止めが必須。

 

○コンシーラー

ボビィブラウン ティンティド アイブライトナー ピーチ

目元が一瞬にしてパッと明るくなる。化粧直しの際に重ねて塗ってもよれない乾燥しない。

 

ヴィセ リシェ CCコンシーラー 02

たまに出来るニキビや痕を隠したいときに。ダイヤル式だから量の調節がしやすい。

 

○ファンデーション

マキアージュドラマティックパウダリーUV オークル10

セーラームーンコラボ目当てだったけれども、ファンデーション自体つけ心地が軽く肌触りも良くて満足。

 

夏場はこれに加えて、下地の後にヴィセ リシェ Tゾーン マットキープを仕込む。

 


f:id:tachimi:20170627122604j:image

○ハイライト

M・A・Cミネラライズ スキンフィニッシュ ライトスカペード

以前、アイシャドウを買いに行った際、化粧直しと共に付けていただいたのをきっかけに使い始める。のっぺりとした私の顔面に立体感を出すのに欠かせないアイテム。有るのと無いのとでは雲泥の差と言ってもいいくらいメイクの仕上がりが変わる。

目の下、Tゾーン、顎にさっと乗せる。

 

○チーク

シュウ ウエムラ グローオン

色番は忘れたけれど、青みのあるピンク色。ほどよく頬に艶が出るところが好き。

アイメイクとリップメイクを濃い目にしたいから、付けすぎないようにしている。

 

○リップ


f:id:tachimi:20170627122738j:image

ボビィ ブラウン リップカラー 06

BAさんに、濃い目の色を塗るときはブラシで唇の輪郭をしっかりとって塗ると上品な仕上がりになると教えていただいたのでブラシ塗り……と、言いつつも普段の生活では直塗りすることの方が多い(ズボラ)

メンタームモイスキューブリップSか、M・A・C リップ コンディショナー(T)の上から使用。これを塗ると一気に顔が華やか(自分比)になるのが有難い。

話はそれるけれども、ボビィブラウンのBAさんは距離感がちょうどよくて好き。

 

○アイシャドウ

アディクション ザ アイシャドウ 37(シェルガーデン)39(イエスタディ)

アイシャドウはパープルが好き、上品に仕上がるから。37をアイホールに広げて39を二重幅に締め色として使用。

特に、37は偏光パールが角度によって魅せ方を変えてくれる……とかなんとかあまりよく分かってはいないのだけれどキラキラして綺麗と好評(母に)なので気に入っている。

アディクションのカウンターにズラリと並べられたアイシャドウを見るだけで幸せになる、名前も凝ってるし。

 

 
f:id:tachimi:20170627122658j:image

(上から)

○アイライナー

レイナチュ MATSUIKUアイライナーBBR

ショッピングモールの化粧品売り場で見かけて何となく購入したもの。リキッドタイプ。先端が球体になっていて筆みたいに穂先が散らばったりしないので、不器用な私でも描きやすい。

 

M・A・C プロ ロングウェア アイライナー アイスブラック

目が貧相なのでペンシルとリキッドのW使い。ペンシルで気持ち太めに引いた後、まつ毛とまつ毛の隙間をレイナチュで埋める。

ペンシル→シェルガーデン→イエスタディでぼかす→レイナチュの順

 

○アイブロウ

インテグレートアイブロウ&ノーズシャドー BR631

インテグレート グレイシィ アイブローペンシル(ソフト) ダークブラウン662

(写真に入れるのを忘れた)インテグレート パーフェクトカラーアイブロー BR1

眉は前髪で隠れることも多いので、描きやすさと色味さえよければ……

 

○マスカラ下地・マスカラ

KATE ラッシュマキシマイザー EX-1

私の頑固なまつ毛を上げてくれる救世主。

 

Kiss ラッシュワンダーカール WP 01

マスカラは色々と試してきた中、今のところこれがお気に入り。塗りやすくてダマにもならず、カール力もそれなりにある。マスカラは買い替える頻度が高いからプチプラが良い。

三善のステージマスカラが気になる今日この頃。

 

 

 

 

 

以上。

基本的にはこれらを使用、たまにグロス(ボビィブラウンのシマ― リップグロス 53ピンクシーシェル)を足す程度。

 

昔はあれやこれやと試したりしたけれども、自分にしっくりくるものが見つかった今は持っているものを大切にしようと思うようになった。

 

 

 

 

またジャニヲタ(勿論それ以外のジャンルの方々も)の間で化粧品晒しが流行りますように。流行らずとも、記事を書いてくれる方が一人でも現れますように。

 

 

 

 

 

上を下へのジレッタ

6月13日の公演を観に行った。

 

 

 

 

 

 

門前市郎が横山裕なのか、横山裕が門前市郎なのか。

 

境目が区別が出来なくなる程には門前市郎という名の妄想に捉えられ、彼の紡ぎ出すジレッタに魅了されていた。

 

 

門前市郎はサプライズが好きな男、サプライズに喜ぶ皆の姿が好きな無垢な男、

 

それはまさに横山裕そのもの、メンバーやファンを楽しませる天才、楽しむ姿を見て楽しむ人。

 

門前市郎は漫画の中の男、人間が生み出した架空の男、

 

それもまさに横山裕そのもの、私達ファンの造り出した幻、偶像(アイドル)、ファンの一人ひとりの妄想を押し付けられたり投影されたり、その全てを正解だと肯定してくれる人、その中で生きてくれる人。

 

 

ファンが見る思う感じるアイドルなんてものは本人ではなく彼等が「本人だと思わせてくれる姿」でしかないと考えていて、それは、第三者が正解不正解を口出しできるものなんかではなく、アイドルとファンの間で交わされる約束事のようなもの、一緒に楽しく過ごす為の私達のジレッタの中の決まり事。

 

アイドル側にかかる一方的な負担が大きいのは承知の上で私達は優しさに甘えている。

 

特に…横山裕というアイドルは色々な理想妄想を押し付けられやすい人だと勝手に思っていて、裏とか表とか温とか冷とか、そんな陳腐な言葉では表せられないくらいに掴めない。

 

本当はこういうことはあまり言いたくは無いのだけれども、やはり、彼の生い立ちだったり私達が知る範囲内の人生にこちら側が余計に感情移入したり考察ぶって好き勝手言うことも他の人よりも多いと感じていて、

 

そういう色々が重なり合ってファンのひとり一人の中で横山裕というアイドルが育っていっていく。

 

 

 

 劇中で門前が何度も何度も歌うように、

 

「全て瞞し」

 

「全ては虚構」

 

なのかもしれない。

 

私達が見ている魅せられている横山裕は私達が妄想した彼でなく彼が見せたい彼を妄想させられているのかもしれない。

 

もしかすると、彼自身がジレッタなのかもしれない。

 

METROCK

関ジャニ∞がMETROCK東京公演に出演することが発表された。

 

 

 

 

 

「よし、行って来い!!!!!!!!!!!」

 

今の彼等ならば自信を持って送り出せる。

 

関ジャニ∞というグループを見続けてきて12年ほど、担当という立場から他担としての立場からそして再び担当としての立場から、重ねた年月の中でも異なる場所から彼等を応援し続けてきた。

 

正直、ここ2~3年ほどのライブは惰性で観に行っていたところもある。

 

物心がついたときからアイドルが好きだった、歌って踊るかっこいい男の子や女の子が好きだった。

 

だから、バンドばかりに力を注いで「とりあえず踊っておけばええやろ」感みえみえなダンス曲しかないライブに不満を抱いていたし、そのせいでバンド曲も素直に楽しめない自分がいた。

 

 

 

けれども、エイタメは違った。

 

踊りもバンドも全員が全員本気だった。

 

正直、もう見飽きたと思っていたブリュレが精度を上げ、全く別の曲かとさえ思えるパフォーマンスでその輝きを取り戻していた。

 

音楽のことなんて楽器のことなんて全く分からない、歌やダンスだってド素人の主観でしかない、けれども、エイタメにおいての彼等は私が好きな関ジャニ∞だった。ただただ全部がかっこよかった。

 

 

 

そんな今の彼等だから自信を持って送り出せる。

 

「行ってらっしゃい!」と背中を叩いて火打石を鳴らして見送って、帰宅時間に合わせてあったかいご飯を沢山準備してふかふかのお布団を並べて待つ…そんな気持ちだ。

 

彼等が「完全アウェー」と言われる場でどんな戦いをみせるのか、今から楽しみで楽しみで仕方がない。

 

そして、関ジャムか何かでその姿を少しでも見せてくれたら嬉しいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、アウェーでの戦いを終えてまた一段と凛々しく美しく磨かれた横山さんをジレッタの舞台で観られる幸せ。

 

関ジャニ∞を好きでいて良かったーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

広告を非表示にする