子供部屋

硝子のシューズは痛いだけ

真夏BEATお渡し会、そして、「推し」という存在に関するあれやこれや

9月1日に渋谷アニメイトで行われた畠中祐君の2ndシングル「真夏BEAT」のお渡し会に参加してきた。

 

 

 

道中「ここに」の看板を見つけ写真を撮りつつ、会場である渋谷アニメイトに到着。けして広くはない店内の隅に固まるように整列、プレゼントボックスに手紙を預け、順番に簡易的に仕切られたイベントスペースへと入場した。

 

3列分およそ15人程度が入れる程のスペース、他人の会話が丸聞こえの状況で、事前に脳内メモに準備してきた言葉を確認していたらあっという間に私の番がやってきた。


f:id:tachimi:20181017195151j:imagef:id:tachimi:20181017195201j:imagef:id:tachimi:20181017195216j:imagef:id:tachimi:20181017195227j:image

向こうとこちらを隔てる長机に置かれたブロマイドの山から一枚を手に取り、こちらを覗き込むような体勢から「パァァッ」という効果音が聞こえてきそうなくらいに瞳をキラキラとさせながら笑顔で視線を合わせてきたことにも十分動揺したが、それよりも、ウケを狙うつもりなんてなくただただ純粋に曲の感想を告げた瞬間に彼が身体を少しのけぞるようにして笑い出したことには困惑した。

 

けれども、心から嬉しそうにはしゃいだような声でお礼の言葉を口にする彼の姿を見られて、私も嬉しくなった。

私がイベントスペースにいたときに限るが、リリースイベントだというのに彼に楽曲の感想を話している子よりも自らの受験を応援して欲しいだの全く関係のないプライベートに関する話などをしている子が目立っていたのもあってか余計に喜んでもらえたのだろう。良くも悪くも感情がすぐに表に出てしまう素直な子だから、余計にだ。

 

この流れで「ライブも来てね?」と小首を傾げながら言われたら、行かないわけには行かないだろう。

 

勿論、皆に言っているただの営業トークだ。しかし、前乗りの新幹線の中でおれパラ(毎年12月に開催される男性声優によるライブイベント)へのゲスト出演を知ってから行くか行かぬかでぐらついていた天秤が一気に傾くにはこれ以上のものはないだろう。

 

「来てね?」と言われた瞬間、いつのまにか語尾にハートマークを飛ばしながら無意識のうちに高くなった声色で返事をする一秒にも満たない瞬間の中に、「こちとらチケ代交通費宿泊費美容代美容院代服飾代その他諸々かかるんだよ、なんで神戸公演のゲストじゃないんだよ」と表情は平然と脳内では大乱闘の状況であった前日の新幹線での私を抹消した。 

 

公演時間に対する彼の出演時間だとか、他出演者の楽曲を予習しようにも推しの人ですらセットリストが予想できないのに初心者の私が出来る訳ないだとか、そんなのもういい。

 

私は彼の今が見たい、今しか見られない彼が見たい。

 

彼にしか出来ない「表現」が見たい。

 

ただ、それだけだった。

 

 

 

 

「真夏BEAT」発売時期のラジオで彼が話していたこと。

 

ファーストシングルの発売から一年近くの時間が経ってしまったこと、その間にもファンから2ndを期待する声や手紙が多く届いていたこと、自分が自分として歌うことの意味について、彼の頭を心を彼の言葉で懸命に伝えてくれたこと。

 

私の勝手な解釈ではあるが、役者としての自分よりもアーティストとして歌い踊る姿やそれに伴う接近接触イベントが求められているのではないかという不安のようなものが彼の話から読み取れた。

 

確かに、つまみ食い程度にしかこの世界を見ていない私にも、アイドルかのような接近接触イベントが頻繁に行われていることやそれらの対応力で言いたい放題にされる環境に置かれていることは否定できない。

 

私自身は特別にこういったイベントが好きというわけでもないしどちらかというとコミュ障と分類される方の人間ではあるけれど、それでも、作品の感想やお便りの返事などを直接に言ったり聞けたりすることは楽しいし、実際に触れてしまうと大人の男性の体格との差にときめいたりもする。

 

けれども、私が彼を好きになったのは、一番のきっかけは、やはりお芝居だ。

 

この記事を書くにあたって何をきっかけに彼のことを応援したいと思ったのかを振り返ってみると、決定打は記事にもまとめたキンプリ(作品)のレディスパでのパフォーマンスだが、「まずいな」と「推しになりそう」とはじめに危機を感じたのは夢色キャストファンミーティング内の朗読コーナーでの彼の姿だ。

 

昴(担当キャラクター)としてヴァンパイアの役を演じる二重の演技に、普段は明るいムードメーカーである昴が人懐っこくターゲットの女に近づき目的を果たす狂気を表す様子に、全身を震わせながら演じる姿に、ぞくぞくしたのだ。

 

上手く言えないけれども、彼のお芝居が好きだし、彼がお芝居をする姿が好きだ。楽しそうに芝居をする姿が好きだ。

 

アーティストとして歌うことも踊ることも、曲を表現する、世界に染まる、曲中の登場人物として演じるという意味では芝居と言えるのではないだろうか。

 

そして、私は、アーティストとして曲を「演じる」彼の声も姿も大好きだ。

 

曲を聴けば情景が目の前に広がる、クオリティの高いパフォーマンスは瞬きをすることさえ惜しくさせてくれる。鋭くて痛くて、それでも目が離せない。

 

それを見ていたくて、彼の推しになったんだと思う。

 

 

「推し」と名乗るには、もしかすると他の人から見れば、例えばもっとずっと熱心な人からすれば、彼にかける熱量も金額も微々たるものだろう、私の想いなんて「推し」と名乗るには足りないと思われるのかもしれない。それでも構わない。誰かと競う為にヲタクをしているわけではないのだから。

 

私の人生で声優を「推す」ということが起こるなんて想定外だった。その嬉しい誤算を楽しむ為に私は彼を「推し」と置きたいと思う。この素敵な出会いを大切にする為に。

 

 

 

次回のイベントまでに書き上げればいいやと思っていたら、あっという間に一週間前になってしまった。そろそろ手紙を書かなければ。

 

 

 

 

GR8ESTな自担の話

札幌初日

 

示し合わせたわけでもないのに自然と沸き起こる開演前のエイトコール

 

開演

 

ひとりひとりスクリーンに抜かれる顔は、それを見据える人、手元に集中する人、どういう顔をしたらいいのか分からないといった表情を浮かべる人

 

そんな中、自担はただひとり笑った

 

 

 

 

 

 

嬉しかった

 

この人は登場の瞬間に絶対に笑顔でいてくれるって、信じていたから

 

安心して涙がこぼれた

 

私の居場所は、彼の笑顔だと

 

彼が笑っている場所、それが私の居場所

 

温かい場所

 

 

 

 

勿論、他メンバーを下げる意図はない。無理矢理に笑うことも取り繕うことも彼等に似合わない、各々がファンのことを考えた結果である。各々、「らしい」顔をしていた。全てが正解で誠実であった。

 

その中で、笑顔でいることを選択した大倉忠義が、ずっとずっと私が見てきた大倉忠義で、ただただ好きだと思ったのだ。

 

 

 

 

 

自分の笑顔がどれだけの人を救うのかとか、開演前のエイトコールの意図に気が付いてそれに触れてくれることとか、「関ジャニ∞大倉忠義」としての役割やすべきことをちゃんと考えて伝えてくれる人

 

それと同時に、みんなの心の中に常に自分を置いておいて欲しいだなんて言ってしまって「アイドルの大倉忠義」としての独占欲やハングリー精神で絡みとって容易に離してなんかくれないところ

自分達はでなく自分なところ

 

 

 

言わなくていい事を言わない人

 

ではなく

 

言わなきゃいけないことをちゃんと言ってくれる人

 

それが、自担

 

GR8ESTな自担

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7/4

アイドルっていつもそう。

 

何があっても「大丈夫ですよ~」って顔しなくちゃいけなくて、

 

世界中に好かれているみたいな顔しなくちゃいけなくて、世界一の幸せ者みたく振る舞わなくちゃいけなくて、

 

何かあればすぐに「ジャニーズ事務所」で括られて、

 

何かを成し遂げても、色眼鏡で見る人は絶えることはない。

 

 

 

 

 

関ジャニ∞っていつもそう。

 

世間なんて無責任なもの最初から見ていなくて、

 

私たちばかりを気にかけてくれる。

 

その為に無理をすることも、

 

無理をしようとしたら周りが止めることも、

 

普段の彼等を見ていれば、言われなくてもわかるけど、

 

根拠が無ければそれはただの妄想にしかならなくて。

 

それすらも分かってくれていて、

 

あらためてきちんと言葉にしてくれる。

 

「信頼」に甘えない。

 

そんな彼等が大好きだ。

 

 

 

親友としての気持ちを、そんな柔らかなものまで見せてくれてしまう。

 

この領域は、完全なるプライベートだ。

 

そこまでしないと、私たちが安心してコンサートを楽しめないから。

 

そこまでして私たちを受け止めてくれる。

 

そんな自担が大好きだ。

 

 

 

 

※あくまでも個人の意見です。

メールが来た瞬間、汗が背中を撫でる感触に震えた。

 

震える指で動画を再生し、無理矢理に言葉を詰め込んで咀嚼してしばらくしてから事の全貌を理解した。

 

 

 

 

 

 

今回の初日は、ただの初日ではない。

 

わざわざ北海道まで沢山のお金をかけて沢山の想いを抱いてやって来るファンのその行動の真意を理解しているからこその決断だと思うから、私は安易に安田くんにツアーを休んでくれだなんて言えない。

 

その言葉は、今回に限らずどんなときも第一にファンのことを考えてくれている彼等への裏切りと同意である。

その想いを、見せかけの優しさなんかで踏みにじってはいけないのである。

 

今の安田くんが関ジャニ∞が出来る最大のパフォーマンスで私達を迎えること、対して私達は全力で向き合うこと、それ以上も以下もない。

 

心配するなという意味ではなく、彼等に大丈夫だ安心しろと言われたならば、そうするしか選択肢がないということ。

信頼ってそういうことでしょう。

見せかけの優しさで大丈夫だなんて安心しろだなんて彼等が言うはずないもの。

 

 

 

 

関ジャニ∞、めちゃくちゃかっこいいな。

 

何かが起こる度に、起こってしまう度に、今が一番彼等のことが好きだと思ってしまう皮肉。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年上半期現場まとめ

まとめるほどでもないけれども、記録用に。

 

○1月

14日 第2回 畠中祐・悠太のポンコツ再生工場ステージイベント(両部)@東建ホール・丸の内

 

○2月

18日 第137回王様JUNGLE 豊永利行上村祐翔(2部)@インディペンデントシアター2nd

 

○4月

17日 宝塚歌劇宙組公演 ミュージカル・オリエント『天(そら)は赤い河のほとり』ロマンチック・レビュー『シトラスの風-Sunrise-』@宝塚大劇場

イープラス貸切公演の特典付きB席で鑑賞、初ヅカ。ジャニヲタだけあって次々に繰り広げられるトンチキ展開にもすぐに順応する。シトラース♪シトラース♪の中毒性よ。

娘役の星風まどかさんがめちゃくちゃ可愛かったのと、端役の男役さんにむちゃくちゃタイプの人を見つけてしまったので、また機会を見つけてお邪魔してみたいと思う。

 

○5月

4日 豊永利行ライブツアー「With My LIFE」@東海市芸術劇場

6日 豊永利行「With LIFE」リリースイベント トーク&ハイタッチ会@タワーレコードNU茶屋町

6日までは楽しかった、6日までは大好きだった。ただ、私がヲタクをする上で対象にされたら嫌なこと、私の地雷を思い切り踏み抜かれたから、以上。

今でも顔と声は本当にドストライクなのが辛い。

 

○6月

16日 畠中祐・悠太のポンコツ再生工場第3回トークイベント(両部)@東建ホール・丸の内

今回の接近はサイン会。1部ではサインと名前を書いてくれている手元が見たくて何も言わずに凝視していたら、最後手渡してくれるときに「遠いところからありがとう」と言われ思わずツッコミそうに。大半の人が名古屋から来ていないからって適当に言ったなオイ。可愛いから許すよ。

2部では「かっこいい声でキュンとする言葉くれませんか?」とリクエストしてみたらウイスパー多めに言ってくれた後に「…こういうことじゃないよね(笑)ごめんね、思いつかなくて」と何故か謝られたので「充分です!!!」と強調しておいた。可愛い。充分キュンとしたよ。「また番組にも送ってね」と言われたので後日ちゃんと該当コーナーにもメールしておいた。

他のヲタクごとで疲れていた心を癒してくれて、本当に有難う…

 

 

上半期は見事にジャニ現場ゼロ。

 

祐君関係も、デビュー1周年記念イベントやら声優落語やらローズパーティーやらと他にも行きたかったものは外れたり予定が合わなかったりで結局ポンコツしか参加していないという結果に。去年はファンミや舞台挨拶等で関西に来てくれることが多かったけれども、基本的に東京で開催されるイベントそれにかかる交通費と最優先されるエイトごとを考えると、申し込むイベント自体も絞らなければならないのも事実で。ゆるくのんびりと応援していけたらなと思う。とりあえずは夏に2ndシングルも発売されるし。サボりがちになっていて解約していたラジコも入れなおしてユニゾンとボルラジも聴くようにしたし…これを機にオールナイトも聴こうな、自分。

 

ツアーに関しては、札幌と東京の1公演ずつの参加予定。肝心の大阪は全滅。札幌で現実を見て、東京は純粋に楽しむというスタンスでいられたらいいな。あと、観光も楽しみ。

 

 

 

 

最後に関係のない話を。もしもこの記事を読んでいる方で8Pを見ている人がいれば祐君目当てで登録して面白いかというのを教えていただきたい。正直に言うと、メンバー内に他に気になる子が2人いる状態なのだが、これ以上よそに手を広げるべきではないという理性とミーハーな欲望との決着がつかないままここまで来てしまった。誰かに背中を押して貰えたら(チラッなんて(チラッ

 

ちなみにTSKは見ている。関パニみたいで個人的には好きなテンション。

「音楽」なんて大嫌い

音楽なんて大嫌い。

 

中学2年生の頃、転任してきた音楽の先生は、ギターが好きな人だった。おかげで授業のほとんどの時間は慣れないアコースティックギターの練習に費やされ、おまけに実技テストまで行われた。

 

最初の授業で軽く説明された程度で、あとはほぼ毎回自主練習のみといった中で、目印も何もない弦のどことどこを抑えればどの音(コード)になるのかいつまでも覚えられないまま、その学期の成績にはアヒルが泳いでいた。

 

 

歌うことだって好きじゃない。そもそも、音程がとれているとか外れているとかそれすらもいまだによく分かっていない。カラオケなんてしばらく行っていないな、もしかするともう一生行くことなんてないのかもしれない。

男ウケなんて意識していないようなフリをした計算しつくされた服を身に着けて、AKBやモー娘。を友達とデュエットして、まるで自分たちも本人映像の可愛い皆の一員になったかのように振る舞って、同席した近隣大学の男の子たちにチヤホヤしてもらって勘違いしていた馬鹿な時代。これは1000000000%私が悪い、頭が悪い。そして、今回のことにあまり関係もない、ただの黒歴史の振り返り。

 

 

聴くことも、正直なところあまり得意ではない。特に、自分で書いて自分で歌う人を好きになるのはもうやめた。ファンを目の前にして、その場に居ない大切な人へ向けた楽曲をその人だけを思い浮かべながら歌うような人。

今でも、うっかり声を聴いてしまったら胸がぎゅっとなるくらいには、好きだったよ。短い間だったけれども。

多分、これが一番の理由。「音楽」を嫌う一番の理由。

 

 

 

 

 

だから、私は「アイドル」が好きなのかもしれない。

 

アイドルが歌う恋は嘘だから、アイドルが口にする愛は安全だから。

 

誕生日を一週間勘違いされたマイハニーも、勢い余ってフライングで連れ去られる女の子も、2時間の待ちぼうけの末にドタキャンする彼女(?)も、現実には存在しない。

 

各自が作詞するソロ曲だってそうだ。罪と罰に蝕まれる恋なんてしていたら即すっぱ抜かれているだろうし、まもりたい彼女は空に居るし、そもそも彼自身が肘の裏の場所を勘違いしていた時点で成立していない楽曲(実際にその部分を好きだと言った彼女が実在していたとすれば、そこまでいくと笑えてくるのでむしろOK)もあるし 、と、現実味のない設定の中であくまでもアイドルという商品である自らを際だたせる表現の道具として使用するのが暗黙のルールだ。

 

だから、アイドルの楽曲は安心して聴くことが出来る。

 

 

 

 

 

なのに、「貴方」はそうしてはくれなかったね。

 

そう出来なかったのかもしれないね。

 

貴方の書きだす、貴方の吐き出す、貴方が貫き続けた「音楽」は、いつになっても、アイドルのコンサートの中では浮いていたよ。貴方自身が強すぎて、その力強さに、私はいつも疲れていた。

 

そこには真実しか無かったから。事実が存在していたから。現実、だったから。

 

けれども、それにどうしようもなく惹かれていたのもまた事実。救われたこともまた事実。

 

 

 

そうやって長年散々私のことを振り回しておいて、最後に赤ちゃんだけ残して去っていくなんて、どこの茂雄だよ。

 

馬鹿野郎

 

 

 

 

 

 

 

 

大嫌いだ

 

関ジャニ∞から渋谷すばるを奪った音楽が、私は何よりも大嫌いだ